AIot DEFINED BATTERY,
REDEFINED BATTERY,
REINVENT THE FUTURE

AI+IoT+バッテリー=無限の可能性

AIoTバッテリー、
あなたの想像を超える

私たちは、世界をリードするバッテリーテクノロジーと最新のIoTエネルギーマネジメントを融合し、インテリジェントIoT技術を、バッテリーのライフサイクルマネジメントの最適化や関連する分野とのシナジーに役立てます。このバッテリーの無限の可能性は、バッテリーのライフサイクルすべての場面において期待できます。

AIoTで製品開発効率を向上

Envision AESCは9年以上にわたり、生産したバッテリーすべてについて、膨大なデータを蓄積してきました。このビッグデータをAIoTにより最適に処理し、バッテリー使用状況をデジタル化、故障のメカニズムを解析し、シミュレーションすることにより、セル開発を最適かつ迅速に行い、使用環境の違いによる寿命を予想し、次世代バッテリーの開発を推進します。

トレーサビリティ

膨大なデータの収集が高いトレーサビリティを可能にする 

バッテリー生産では、生産プロセスやバッテリーの状況に関する多くのデータを収集、モニターしています。これらのデータ取得はすべての生産プロセスにおいて行われます。製造段階で、ひとつひとつのセルごとに2,000以上のデータが収集されており、そのうち、770以上のデータが、品質管理のためにリアルタイムでモニタリングされています。

バッテリーのライフサイクル全般にわたる自動車メーカーとの協業

創業以来12年間、私たちは膨大なデータと生産ノウハウを日産自動車との協業により蓄積してきました。それにより私たちはパワーバッテリーに関する総合的なソリューションを提供することができます。 今後、世界の自動車メーカーとも協業し、バッテリー生産からリサイクルまでライフサイクル全般にわたるデータマネジメントシステムを構築していきたいと考えています。このシステムでは、故障予告はクラウドコンピューティングとエッジコンピューティングの双方から発せられ、それぞれのバッテリーにおけるデータの整合、安全性、性能、寿命が確保されます。また、充電と放電が最適化され、最高のバッテリー性能を発揮し、寿命を延ばすことができるようになります。

合理化されたプロセスと大幅なコスト削減により、バッテリーをライフサイクルすべてで余すところなく利用する

私たちはAIoT技術を使って、それぞれ個別のセルの信頼性と状況を統計モデリングにより正確に予測します。これにより、検査/スクリーニング工程が簡素化でき、使用済みバッテリーの解体、検査、分類、再パッケージングの大幅なコスト削減とプロセスの合理化が図れます。コスト削減により、商業ビルや工業地帯、家庭におけるスマートエネルギーストレージシステムとして採算の合うバッテリーリサイクルが実現でき、「使用済み」とされていたバッテリーから更なる価値を引き出します。

使用済みバッテリーを解体し、原材料回収率90%以上を実現します。

スマートエネルギーストレージシステムにより、ピークカットやデマンドマネジメント、急な需要へ対応など、様々な場面でバッテリーが供給するエネルギーの価値がより高くなります。

電気自動車の使用済みバッテリーモジュールは解体せず、複雑な検査なしで商業ビル、工業地帯、家庭でのスマートエネルギーストレージシステムに広範囲に活用することができます。

AIoTバッテリーがすべてのものにエネルギーを供給する

AIoTエネルギー管理システムEnOS™の下、私たちのバッテリーは明日のクリーンエネルギーシステムとシナジーを生み出します